(活動紹介)秋田県健康づくり地域マスターの活動~スロージョギング体験会~

2020年12月21日 掲載

 県では、地域における健康づくり県民運動を更に推進するため、「健康づくり地域マスター制度」を運営しています。この度、協議会員の秋田GSNスロージョギングクラブの健康づくり地域マスターが県から派遣され、活動を行いました。その活動についての報告が次のとおりありましたので、ご紹介します。

 

 12月12日、秋田県健康づくり地域マスターとして、大館市体育協会主催のスロージョギング体験会の講師を務めました。


 講師依頼は、6月に秋田県科学スポーツセンターが開催したスロージョギング体験会に参加された大館市体育協会の方から、是非、大館市でも開催してほしいとの要請があったものです。


 スロージョギングは、普段着で自宅内でもできることから、運動不足となる冬期間の秋田に適した健康運動ということで、当初、定員20名で募集開始しましたが、最終的には60名の市民が参加してくださいました。
 会場の大館樹海体育館(タクミアリーナ)は、設備がすばらしい体育施設で気持ち良く講習ができました。 
 大館市体育協会では、3月にスロージョギング指導者認定講習会を誘致する計画であり、誰もが簡単に運動習慣が身につくスロージョギングが大館市でも普及することを期待しております。

★参考(12月12日開催の体験会チラシ)

★秋田GSNスロージョギングクラブ

 正しいスロージョギングの普及を目的に活動しています。
 活動の詳細についてはこちら

〈情報提供〉
 秋田GSNスロージョギングクラブ