秋田県の受動喫煙防止条例案が27日、可決されました

2019年06月28日 掲載

 秋田県の受動喫煙防止条例案が、27日の県議会本会議で可決されました。受動喫煙防止条例は改正健康増進法より厳しい規制が盛り込まれました。

 条例により飲食店は原則屋内禁煙に。小中高校や幼稚園、保育所は敷地内禁煙と規定し、大学や行政機関、医療機関は敷地内禁煙を努力義務となります。

 条例の目的などに関する項目は来月上旬に施行。規制については来年4月に施行されます。

 県は、従業員がいる既存の小規模飲食店の禁煙化を後押ししようと、壁紙やカーテンの交換、喫煙所の撤去にかかる費用の9割(最大10万円)を助成します。

詳しくは

県の受動喫煙防止条例案、27日可決