県内大学で敷地内の全面禁煙が進んでいます

2019年07月02日 掲載

 改正健康増進法の一部施行によって、1日から原則敷地内禁煙となったため、秋田県内の国公立大学が、相次いで敷地内の全面禁煙に踏み切りました。

 改正法では、屋外に喫煙所を設置する余地を残しているが、各大学が法律よりも一歩踏み込んだ対応を取っています。

 このうち、秋田大は2010年にも全面禁煙にしましたが、大学周辺で喫煙する学生や教職員の姿に周辺住民から苦情が相次いだため、再び喫煙所を設置した経緯があります。そのため、再び大学周辺に喫煙者が出ることを懸念する声もあります。

詳しくは→

法律厳しく、大学敷地内禁煙進む 県内、周辺路上の喫煙懸念|秋田魁新報電子版