たばこは“毒の缶詰” 喫煙、受動喫煙のリスク学ぶ

2019年10月06日 掲載

「たばこと健康を考えるセミナー」が5日、秋田県大館市の中央公民館で開かれました。

光智会大館園(同市)の施設長で小児科医の高橋義博さんは講演で、「たばこは毒の缶詰」と表現しました。
「毒の缶詰」とはショッキングな表現ですが、たばこはニコチンやタールなど60種以上の発がん性物質を含み、受動喫煙で肺がんや心疾患のリスクが高まるのだそうです。

今後のセミナー予定

大仙市:10月25日(金)
秋田市:11月6日(水)

大館市でのセミナーの詳細はこちら

「毒の缶詰」たばこのリスク学ぶ 大館市でセミナー|秋田魁新報電子版