文字サイズ
メニュー
取組・体験記・コラム
このページには直接アクセスできません。
健康寿命日本一クイズ
秋田県版

がんを

おつかれさまでした。

あなたの点数は
100点満点中
でした!

結果はいかがでしたか。今後も、一緒に勉強していきましょう。

Q1
がんは、遺伝子ついてしまうことで起こる病気ですが、生涯のうちに、日本人の何人に1人が、がんにかかるといわれているでしょうか?
知ってましたか?

男性は3人に2人、女性は2人に1人が、がんになっています。現在、日本人の死因1はがんで、4人に1人ががんでくなっています。

参考URL
Q2
がんは、自分の力で予防できるがんもある。正しいでしょうか?
知ってましたか?

がんは、さまざまな要因によって発症すると考えられていますが、その中には予防できるものも多くあります。
予防するために、運動不足解消食生活の見直し、禁煙などにめて「がんになりにくくする(予防する)」ことが大切です。また、予防していてもがんになってしまうことがあるため、早期発見のために定期的にがん検診受診することが重要です。

参考URL
Q3
塩分の多い食品をたくさん食べるとなりやすいのは、何がんでしょうか?
知ってましたか?

がんにかかる原因は、生活習慣細菌・ウイルス、持って生まれた体質(遺伝素因)など様々あります。どれか1つが原因ということではなく、つか重なり合ったときにその可能性が高まります。
塩分の多い食べ物のとりすぎは、がんにかかるリスクを高めます。に、野菜果物摂取は、がんや食道がんにかかるリスクを低くする可能性があります。

参考URL
Q4
野菜果物にはがんの予防に役立つ栄養が多くまれている。正しいでしょうか?
知ってましたか?

野菜果物には、ビタミンC・食物繊維・ポリフェノールなどがんの発生えるきのある栄養まれています。
(野菜摂取量目標値は1あたり350gです。)

参考URL
Q5
子宮がんは、30~40に多い女性特有のがんですが、がんにならないために、小学6年生~高校1年生の女子は「無料」でワクチンを受けることができる。正しいでしょうか?
知ってましたか?

子宮がんは、HPV(ヒトパピローマウイルス)の感染原因と考えられています。このウイルスは女性の多くが一生に一度感染するといわれ、一部の人ではがんになってしまうことがあります。HPVワクチンの接種と、子宮がん検診対策をすることが大切です。

Q6
がんは、進行すればするほどりにくくなる病気で、早期発見がとても大切です。早期発見すれば何割るでしょうか?
知ってましたか?

がんは「不治」というイメージがありますが、早期のがんなら9以上完治します。がん全体でも6時代です。「早期」とは、がんの種類によりますが、がんが粘膜表面近くにとどまっている、大きさ1~2センチ程度までの時期をさします。このくらいだと、ほとんどのがんでみなどの自覚症状はまったくありません。症状がでる前に見つけるためにも、定期的検診必要です。

Q7
がんは、体にみがでてから病院に行かないと発見できない。正しいでしょうか?
知ってましたか?

がんは、みなどの自覚症状のない状態でも定期的にがん検診を受けることで、早期発見早期治療につながります。
がんの場合、がん検診発見されたがんの70%は早期がん、自覚症状があって受診した場合45%は進行がんでした。
がん検診定期的に受けることは、自覚症状のない段階で、がんを早期発見できる機会になります。

参考URL
Q8
がん治療の3は、「手術療法」、「薬物療法がんなど)」、あと1つは何でしょう?
知ってましたか?

がん治療の3つのは、手術放射線薬物がんなど)です。種類進行度じて3つの治療法単独や、組み合わせて行う標準治療が定められています。それらを医師看護師相談しながら、患者が自分でぶことが重要となっています。治療方針を決める参考として、医師意見を聞くセカンドオピニオンは、法律でも定められた患者権利です。

参考資料
Q9
病気になると、みがでたり、つらい気持ちになったりしますが、それらを少しでもらげるための支援をなんというでしょうか?
知ってましたか?

病気う体と心のみを和らげる医療を「緩和ケア」とびます。緩和ケアは、末期がんの人だけに提供されるものでなく、がんと診断された時点から、全ての人に必要なものです。たとえ体のみがなくても、心のみ、つらい気持ちに対してのケアが必要です。

Q10
がんになったらみや不安はがまんしなければならない。正しいでしょうか?
知ってましたか?

がんはいというイメージがありますが、早期のがんでは症状はありません。また、がんが進行した場合でも、医療用麻薬(オピオイド)などをいた緩和ケアで、がんのみを最小限にできます。