健康寿命延伸へ、「ヘルスケア産業協」発足

2019年08月03日 掲載

 健康寿命延伸に効果的な「ヘルスケア産業」の創出を目指し、秋田県内企業や医療・介護事業者、自治体などが2日、「県次世代ヘルスケア産業協議会」(会長・妹尾明県産業労働部長)を設立しました。

 「ヘルスケア」というと産業は医療や介護をイメージしますが、現在、運動や食品、娯楽などサービスの幅が拡大しています。また、観光など他の地域産業との連携による新ビジネス創出への期待も高まっているそうです。

 さまざまな企業の参入が健康寿命日本一達成に寄与するだけでなく、秋田県内の経済活性化につながるかもしれません。

詳しくは➡

健康寿命延伸へ「ヘルスケア産業協」発足 県内の産学官連携