「秋田県健康づくり県民運動推進協議会」令和元年度総会を開催しました

2019年07月30日 掲載

健康寿命日本一に向けた健康づくり県民運動の推進母体である「秋田県健康づくり県民運動推進協議会」の令和元年度総会を次のとおり開催し、関係者約70人が出席しました。
総会では、健康づくり地域マスター制度の導入や旬(季節)に合わせた県民運動の集中展開について確認したほか、経済産業省の江崎氏による講演、健康づくりの実践活動に積極的に取り組んでいる会員を表彰する「健康秋田いきいきアクション大賞」の会員投票が行われました。

 

▽ 日時

令和元年7月29日(金) 14:30~17:00

▽ 会場

秋田ビューホテル 飛翔の間

▽ 内容

1 開会あいさつ

秋田県健康づくり県民運動推進協議会 会長 小玉 弘之 

秋田県知事 佐竹 敬久

         

 

 

 

 

 

2 基調説明

【演題】 「健康づくり地域マスター制度の創設及び県民運動の集中展開について」

【講師】 秋田県健康福祉部長 諸冨 信夫

     横浜市立みなと赤十字病院長(あきた健康長寿政策会議会長) 伊藤 宏 氏


 

 

 

 

 

3 「健康秋田いきいきアクション大賞」表彰者プレゼンテーション

○ 株式会社秋田銀行 「あきぎん“長活き”ヘルスプラン ~2020~」

○ 秋田県在宅保健師等ゆずり葉の会 「だれもが楽しくいきいき百歳体操」

○ 秋田GSNスロージョギングクラブ 「健康都市秋田の実現」

○ 由利本荘市インターバル速歩推進協議会 「歩いてのばそう健康寿命」

  ※表彰者五十音順


 

 

 

 

 

4 基調講演

【演題】「生涯現役社会の構築 -高齢化の進展と健康経営の意義-」

【講師】経済産業省 商務・サービスグループ 政策統括調整官 江崎 禎英 氏


 

 

 

 

 

5 「健康秋田いきいきアクション大賞」審査結果発表 及び 表彰式

≪最優秀賞≫

秋田GSNスロージョギングクラブ

≪優秀賞(五十音順)≫

株式会社秋田銀行、秋田県在宅保健師等ゆずり葉の会、由利本荘市インターバル速歩推進協議会

 

≪令和元年度実践活動共通テーマ≫

「旬に合わせて『健康寿命日本一!」県民運動を集中的に展開しよう!」