家族ぐるみで健康経営に取り組む/屋内禁煙で受動喫煙ゼロへ能代運輸株式会社(能代市)

2021年07月08日

 昨年創業70周年を迎えた能代運輸株式会社は、社員の健康を最重要視し、健康経営に取り組んでいる。今年3月には秋田県版健康経営優良法人に認定され、さらに気運が高まっている。

 健康づくりについては、年度ごとに取り組むテーマを決め、1つの項目を重点的に取り組んでおり、給与明細等を通して社員の家族にも取組を周知し、家族の協力を得ながら取組を進めているとのこと。また、県が発信する健康経営通信や、健康に関するポスター等を掲示するなど、社員に向けて継続的に情報を発信している。

 たばこ対策は始まったばかり。まずは、受動喫煙をなくすための対策を始めた。以前は、屋内にパーテーションで区画された喫煙所を設けていたが、たばこの煙が事務所内に残っていたという。その環境を変えようと、県内4事業所すべてを屋内禁煙とし、喫煙所は屋外に移した。それによって、クリーンで受動喫煙の心配がない事務所となり、社員からは「職場環境が良くなった」という声が聞こえてきた。
 しかし、社員の喫煙率は50%を超えている。今は、喫煙者を減らす取組を模索しているところだ。「社員が禁煙や健康に関心をもつきっかけ作りをしていきたい」と総務部の松橋さんは話す。

 本社主導で行っている健康経営。今後は、各事業所の健康づくり担当を中心に、お互い切磋琢磨しながら取り組むことを目標としている。

屋外喫煙所の掲示物 禁煙を啓発している

能代運輸株式会社
創業・設立 1950年
代表 代表取締役社長 與語 忠道
本社 能代市河戸川字北西山144-2
TEL 0185-55-1222
FAX 0185-55-3368